丸山幼稚園園庭散歩

画像 050.jpg

北原白秋と多摩川音頭

日本の詩人、童謡作家、歌人。生涯に数多くの詩歌を残し、今なお歌い継がれる童謡を数多く発表するなど活躍した人物でもあり、地元登戸の盆踊りなどでよく踊られるている多摩川音頭の作詞者です。多摩川音頭ができるまでには、丸山幼稚園二代園長先生が中心となり、稲田村(生田以外の多摩区全域)の様子を唄として、子孫代々に伝えたいという願いから、詩人 北原白秋氏に作詞を依頼し、白秋氏は丸山に寝泊りして詩を作り、昭和3年に郷土の民謡として生まれました。

画像 058.jpg

佐藤惣之助・佐藤紅緑・伊藤葦天 俳句の碑

佐藤 惣之助(さとう そうのすけ)日本の詩人、作詞家。神奈川県川崎市出身。
作曲家、古賀政男と組み多くの名曲を世に送り出しました。「句碑の句の中より雲雀鳴きいでよ」

佐藤紅緑(さとうこうろく)「少年小説」の分野で昭和初期に圧倒的な支持を受け、「少年小説の第一人者」として知られ、一般には小説家、劇作家として有名でしたが、正岡子規直門としての俳人でもありました。「天地のはじめの畑を誰が打ちし」

伊藤葦天(いとういてん)佐藤紅緑の門下生でした。丸山教第三代教主。著書に『稲毛郷土史』『穂』『川崎風土記』などがあります。昭和47年第一回川崎市文化賞受賞。「ひとりだけ残りし信者炉辺親し」
多摩区にある生田緑地・枡形城跡山頂の広場には句碑が建てられ、郷土の生んだ文学者・伊藤葦天の「馬場あとも やかたあとも 秋の風 」の句が刻まれてます。

画像 064.jpg

登戸静修校記念碑

大正の末期、、全国的経済不況により、有能な人材の都市流失の現状を訴え、人材養成による村おこしのため、大正14年この地に知事認可の登戸静修校を開校しました。
.

maruyama1[1].jpg

ふじ棚

丸山幼稚園の園庭には樹齢120年程のフジの木があり、並んで立つクスノキとともに川崎市の「まちの樹50選」に指定されています。毎年5月になると紫色の藤の花が満開になります。藤棚の下は子どもたちの遊具で埋め尽くされ、園児にとって何と贅沢な遊び場ではないでしょうか。

.