丸山幼稚園

DSC_3074.JPG

丸山幼稚園の沿革

丸山幼稚園は、昭和24年4月に川崎市多摩区登戸に創設され、当時は50名ばかりのこじんまりした家庭的な中で保育してまいりました。その後幼児教育に対する社会への感心が高まり、本園への入園希望者は年ごとに増加するようになりました。
園舎の拡張の必要に迫られ数回にわたり、増改築・施設の改善を行い、保育環境の整備を図ってまいりました。安全通園の為スクールバスを運行し、現在は9クラス250名前後で保育しております。丸山幼稚園園庭には樹木が多く、付近にはまだ田畑梨園などがあって、周囲の環境にも恵まれています。創立当時から家庭的でのびやかな雰囲気の中で、幼児教育の理想をかかげ、人格形成の場としての幼稚園を志向しております。

DSC_2978.jpg

丸山幼稚園の教育方針

第一  心身ともに健康であること
第二  誰とでも仲良くできる豊かな心情を養うこと
第三  何にでも一生懸命努力すること

以上の教育方針を基本に置き、幼児期が人格形成上最も大切な時期であることを考え、自然に囲まれた環境を充分に生かし、一人一人の子どもの個性が豊かにのびのび成長していくよう教育要領にもとづく本園独自のカリキュラムによって教育を行っています。

DSC_3087.JPG

スクールバスの運行

丸山幼稚園では安全通園のためにスクールバスを2台運行しています。 
登戸・登戸新町・枡形・東生田・生田・東三田・栗谷・中野島・布田・菅馬場・宿河原・長尾方面に運行しています。

画像 054.jpg

安心・安全保育のための防犯カメラの設置

丸山幼稚園では、安心・安全の保育環境の整備に力を入れています。
各門と園内に6台の防犯カメラを設置致しております

画像 043.jpg